aga治療の薬「プロペシア」ってどのような薬なの?どこで売ってるの?実際に毛が生えてくるの?

おでこの面積が広くなってしまっている男性

aga治療薬「プロペシア」はどのような薬なのか、またどのような効果があるのか

プロペシアって何?

プロペシアはaga治療薬としても有名な飲み薬で、主成分がフィナステリドです。フィナステリドは元々は前立腺肥大の治療に使われていた薬で、これを服用していた患者に増毛などの効果が見られたことからaga治療薬として使われるようになりました。

元々agaはDHTという男性ホルモンが原因で引き起こされるものです。このフィナステリドには、DHTの元ともなる5αリダクターゼⅡ型を抑制する効果があるため、薄毛の予防に期待ができるのです。

プロペシア2005年より発売されており、厚生労働省にも認可されている飲み薬です。世界60カ国以上で承認されている商品です。

プロペシアはどこで買えるの?

プロペシアは医師による処方薬のみで、正規で購入するには医療機関にかかる他ありません。ドラッグストアや薬局で購入することはできないのです。

プロペシアを含むaga治療薬は自由診療になり、保険が効きません。プロペシアの値段は1錠あたり200~300円ほどが相場となっており、値段にも開きがあります。

プロペシアはどれくらいで効果がでるの?

プロペシアの効果を感じるためには、継続する事が絶対条件となります。もし途中でプロペシアの服用をやめてしまうと、せっかく緩やかになっていたagaの進行が、再び早まってしまうこともあります。

プロペシアは1日1錠飲み、6ヶ月間服用をすることで効果が出ると言われていますが、それも個人差があります。その理由は髪の成長にはサイクルと言うものがあるからです。

髪の毛は成長期→退行期→休止期を繰り返していますが、agaの方はこの成長期の長さが極端に短くなっているため、毛が太く長くなるまでの成長途中で抜けてしまいます。

プロペシアを服用することでこのヘアサイクルを正常に近付けることになるのですが、効果を実感できるようになるには6ヶ月は必要なのです。

プロペシアは発毛をさせる薬ではなく、agaの進行を遅らせる効果のある薬です。そのため途中で服用をやめてしまうと再びサイクルが乱れてしまうので、継続が必要となるのです。

PAGE TOP