aga治療薬に副作用ってあるの?

薄毛の頭に櫛を入れる男性

男性機能低下や皮膚炎!?aga治療薬の副作用を紹介!

aga治療の副作用とは

agaについてお悩みの男性は多いです。改善のために治療を行いたい、そういった方も沢山いらっしゃるでしょう。数あるaga治療で一番手軽なのが、aga治療薬を使った治療法です。

医師の指示に従って薬を使用するだけで、agaを改善することができます。非常に有効なaga治療薬ですが、場合によっては副作用がでることもあります。

では、aga治療薬にはどういった副作用が考えられるのでしょうか?その種類と副作用について解説します。

プロペシア

プロペシアはagaの原因である男性ホルモンを抑制する効果をもっています。毛が抜けるのを防ぎ、発毛や育毛を促します。aga治療薬として広く知られているプロペシアですが、男性機能の低下を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

勃起不全や精子の質の低下といった副作用のせいで、男性不妊症になってしまうことも考えられます。子供が欲しいという方は、なるべく使用を控えましょう。

ミノキシジル

ミノキシジルの効果は血行促進による頭皮の栄養状態の改善です。毛髪の発毛や成長を助けることでagaを改善します。ミノキシジルには塗るタイプのものと、飲むタイプのものがあります。

塗るタイプのミノキシジルの副作用は頭皮の炎症や痒みです。時には湿疹や皮膚炎に発展することもあります。内服用ミノキシジルは血圧の低下を招く場合があります。

低血圧になってしまう可能性があるので注意しましょう。また、ミノキシジルを内服すると、体中の血行が促進されます。体毛が濃くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

『aga治療薬に副作用ってあるの?』のまとめ

aga治療薬の副作用について解説しましたが、基本的に医師の指示にしたがっていればあまり心配はいりません。aga改善に効果があるで、副作用に気を付けながら活用してください。

ただし、体調が良くない人や持病がある方が使用すると、体に良くない影響がでる可能性は高くなります。少しでも体に異常を感じた場合は、すぐに使用を中止してください。

PAGE TOP