aga治療は早めに相談で解決

薄毛が進行している男性の後頭部

aga治療の基本は、早期開始!

agaといっても、いろいろな段階があり、薄毛が軽い人、ひどい人、いろいろなタイプがあります。一般的によく言われるのは、治療は早めに始めた方が効果が出やすいということです。

それはわかっていても、市販の発毛剤を使用していていつか生えてくるかもしれないと信じている場合もあるかもしれません。

またアーちょっと薄くなったなあと思ったら一気にハゲに…と急激に変化をする人もいるのですね。そのため早めと思ってもなかなか思うように受診できず、治療を始めることが出来ない場合もあるのですね。

では早めに治療を始めた場合、どのように効果が変わってくるのでしょうか。

毛周期を知りヘアサイクルを整えることが大切

髪の毛の生える周期を毛周期といいます。通常髪の毛が成長するのは、成長期という2~6年間。その後に退行期、休止期という成長期になるための準備期間があるのです。

髪の毛が抜けるのは誰も同じなのですが、agaの場合、その成長期が短くなります。そのため産毛のような柔らかい毛が増えてしまうのです。

その後、全体的に柔らかい毛が多くなるので、頭皮が透けて見えるような薄毛になってしまうのです。

aga治療を早めに始めると発毛を実感できる

aga治療を早めに始めるほど、効果があると言われるのは、agaが進行性であるからです。進行してしまうとまた発毛までに時間がかかります。

そのためなかなか効果が実感できないし、もしかすると効果が出ないという可能性もあるのです。

aga治療の効果のある治療法は限界がある

一般的に効果があるという内服薬や育毛剤は、aga治療に使用できるのですが、副作用のことを考えると、発毛が見られないのに長期使用するということはできません。

薬ですから、肝機能などに注意しながら治療を進めていく必要もあるでしょう。長期にわたると体への負担もかかるのですね。

そのため出来る限り、agaかな?と思ったら、早めに治療を始めるのがいいのです。

PAGE TOP